FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
第16回東京スポーツ整形外科研究会

日程/4月14日(土)

時間/午後3時~6時30分

会場/イイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区内幸町2-1-1)

共催/東京スポーツ整形外科研究会、久光製薬株式会社

内容/プログラム1『関節のスポーツ傷害とエコー』
座長:大内 洋(亀田メディカルセンター スポーツ医学科)
    高尾昌人(医療法人社団明敬会重城病院 CARIFAS足の外科センター)

「肩関節」岩本 航(江戸川病院 スポーツ医学科)
「足関節スポーツ障害に対する超音波エコー」工藤慎太郎(森ノ宮医療大学 保健医療学部)
「肘内側型投球障害に対する超音波断層像の役割~評価・診断から治療への応用まで~」山田 慎(亀田メディカルセンター スポーツ医学科)
質疑応答

製品紹介(久光製薬株式会社)

プログラム2『アスリートの手関節障害-尺側部痛を中心に』
座長:二村昭元(東京医科歯科大学大学院運動器機能形態学講座)
    八木茂典(東京関節外科センター 昭島整形外科 スポーツリハビリテーション部)

「骨形態・組織に基づくTFCCの解剖学的解析」二村昭元(東京医科歯科大学運動器機能形態学講座)
「「意外にあるアスリートの手関節尺側部痛 ‐どう診る?どう対処する?‐」」富田一誠(昭和大学江東豊洲病院整形外科)
「アスリートの手関節障害に対するリハビリテーション-Gymnast's Wristを中心に-」関口貴博(船橋整形外科クリニック)
質疑応答

プログラム3『ACL損傷・再損傷予防に対する取り組み』
座長:古賀英之(東京医科歯科大学大学院運動器外科学)
    北村信人(聖路加国際病院 整形外科)

「ACL損傷予防に対する取り組み」笹木正悟(東京有明医療大学保健医療学部)
「ACL再建術:再損傷予防のための工夫」武冨修治(東京大学大学院医学系研究科整形外科)
「ACL再損傷予防に対する取り組み」大見頼一(日本鋼管病院リハビリテーション科)
質疑応答

参加費/1,000円(事前申込不要)
単位申請費:各1,000円
プログラム1:日整会専門医資格継続1単位(申請中)
プログラム2:日整会専門医資格継続1単位(申請中)
プログラム3:日整会専門医資格継続1単位(申請中)

問い合わせ/東京スポーツ整形外科研究会
E-mail:mail@tokyo-sports.net

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/3004-34982c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック