FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
ネットで流されるニュース、YOMIURI ONLINEが報じたところでは、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)は来年から飲む発毛剤に含まれるフィナステリドを禁止物質から除外するとのこと。

理由は、筋肉増強剤使用を隠蔽する効果があるとされてきたフィナステリドだが、隠蔽できないようになったからとか。

2008年の禁止物質リスト(禁止表)は、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)のこのサイトで見ることができる。

あくまで来年からで、今年は禁止されているので要注意。来年の正確な禁止表は、来年早々には発表されるだろうから、来年については、それを参照していただきたい。
(英文の2009年度版(2009年1月から発効)はすでにWADAのこのページに掲載されています)

このように禁止物質は毎年変更があるから、要注意です。

ドーピング検査は、国体でも実施されるようになったし、Jリーグでも同様。大相撲も導入予定とか。いろいろもめることもありますが、まずは基礎知識が大事で、とくに選手自身が「うっかり」とならないよう情報をきちんと提供していく必要があります。

風邪薬や胃薬などはもちろん、漢方薬や海外製品のサプリメントも注意が必要です。

なお、(社)日本薬剤師会が『薬剤師のためのドーピング防止ガイドブック 2008年版』をネット上に掲載、pdfで入手することができます。具体的な薬品名が記されていて、役立ちます。(清家輝文)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/314-7ffd51dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック