FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
次号の特集は、「足底腱膜炎」がテーマです。

以前は、足底筋膜炎と呼ばれていました。筋じゃなくて腱だからということでしょう。膝蓋靭帯と呼ばれていたものも、現在は膝蓋腱となっています。patellar tendonだから、tendonで腱ということでしょう。解剖学用語が変わるのは新たな発見が関係しているか、概念が変わったか、国際的統一など何か別の要因が働いたかということでしょうが、どうしても以前の用語に慣れていると、うっかりすることがあります。

さて、足底腱膜炎。体外衝撃波治療装置についても紹介する予定です。理学療法士、トレーナーなど経験豊富な方にも取材の予定。

明日は、神戸で「シスメックス スポーツサイエンスセミナー」がありますので、このブログはお休みさせていただきます。神戸にいらっしゃる方、お会いしたときはよろしく。(清家輝文)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/356-3566539e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック