FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
景気が後退すると休部・廃部という現象が起こります。「無駄なお金」「非生産的部門」と判断されるのでしょう。

しかし、ある企業では、決勝まで行くだけで1億円かかったけれど、社員一同がこころをひとつにしたことで、経営者は「安いもんだ」と言ったとか。「みんなが愛して、誇りにしているものをなぜやめなければいけない」と言った経営者もいましたね。

どんなことがあっても残そう、続けよう。そう思っている人が必ずいます。幾多の苦難を乗り越えて、今があるのだから、景気ぐらいでやめるのはやめてほしいですね。

ただ、そう思われる存在でないと、なかなか支援もされず、継続できなくなる。それにとっくに気がついたチームも多数あり、さまざまな試みがなされています。

価値あるものの価値を高めていかないとね。(清家輝文)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/379-460e7ef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック