FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
下記、催しの案内をいただきましたので、掲載いたします。

参加料は無料です。また参加手続きも不要です。直接会場へお越しください。

学術フロンティア推進事業(平成16~20年度) 最終成果報告会
「運動時における循環調節機構の統合的解明
-スポーツによる健康・体力づくりプログラムの構築に向けて―」
      
日時:2009年2月28日(土)13:00-17:10
場所:日本女子体育大学 本館E101 

■プログラム
13:00 開会挨拶 定本 朋子 日本女子体育大学・教授/プロジェクトリーダー
13:05 - 14:15 Session 1 プログラム作成の基礎となる科学的エビデンス1―運動時の循環調節―座長  斉藤 満(豊田工業大学・教授)
「運動準備や想起に伴う脳活性」         岩館 雅子(日本大学生産工学部・助教)
「運動を持続させる大脳皮質の働き」       澁谷 顕一(日本女子体育大学・ポスドク研究員)
「運動時のモーターユニットの動員特性」     加茂 美冬(日本女子体育大学・准教授)
「活動筋代謝の有酸素性依存から無酸素性依存への変移」 笹原 千穂子(東海学園大学・講師)
「筋活動による心拍出量の変化と血流分配」   奥山 靜代(慶應義塾大学・講師)
「筋形状の変化が筋循環に与える影響」 
                   森 芙美子(日本女子体育大学附属基礎体力研究所客員研究員)
「随意運動時の呼吸循環応答にみられるセントラルコマンドの働き」
                                    佐藤 耕平(日本女子体育大学・助教)

14:45 - 15:35 Session 2 プログラム作成の基礎となる科学的エビデンス2 -発育、老化、疾患およびトレーニングによる循環系の変化―
座長 加茂 美冬(日本女子体育大学・准教授)
「子どもの循環機能の発達」              佐藤 耕平(日本女子体育大学・助教)
「高齢者の左室重量と骨格筋量の関係」          奥山 靜代(慶應義塾大学・講師)
「有疾患者における運動と虚血に対する末梢血流調節」    長田 卓也(東京医科大学・講師)
「身体トレーニングによる循環機能の向上」        斉藤 満(豊田工業大学・教授)

15:35 - 16:00 Session 3 提案 -安全で効果的な運動プログラム構築に向けて- 
座長 加茂 美冬(日本女子体育大学・准教授)
「運動に対する循環応答からみた提案」            定本 朋子(日本女子体育大学・教授)
16:10-17:10 Session 3 特別講演
座長 加賀谷淳子(日本女子体育大学・名誉教授)
    長田 卓也(東京医科大学・講師)
翻訳概略 佐藤 耕平(日本女子体育大学・助教)
「Circulatory regulation during exercise」 Niels H. Secher (Professor, Department of Anaesthesiology, Rigshospitalet, Denmark)
17:10     閉会

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/413-51941a5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック