FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
昨日は「アスリートのためのライフスキルプログラム研究会」のプログラム開発班の会議が東工大でありました。

写真は、東工大大岡山キャンパスの時計台。ケイタイのカメラはこの暗さだと自動的にフラッシュがたかれますが、それがどうにかならないかと思っていたところ、ふと、なんだフラッシュのところを塞げばいいだけと気がつき、指で塞いだのですが、少しは光がもれたようです。
P1020014.jpg


さて、この会議で、いろいろ検討中、あるときひらめきました。どうもプログラム開発の方向にイマイチ魅力がないように思っていたのですが、なぜそうなのかがだいたいわかりました。

これで方向ははっきりしたので、どんどん進行していくことでしょう。

この研究会とその成果については、本誌で連載中ですので、興味のある方はぜひお読みください。なお、109号の執筆者は村上貴聡先生です。(清家輝文)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/526-2d9fe9a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック