FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
12日の日曜、東京大学駒場キャンパスで「東京体育学会」設立記念の講演会と祝賀会が開催されました。

東京体育学会は、(社)日本体育学会の東京支部が独立学会となったもので、日本学術会議の一員となり、独自に学会誌を発行するなど、さらに活発な活動を目指し、日本の体育学に寄与していこうというものです。

この日は、まず総合司会の深代千之教授が設立の経緯を述べ、初代会長となった金久博昭教授が開会の辞を、北川薫・中京大学学長、日本体育学会副会長が祝辞を述べた後、中澤公孝教授が「ニューロリハビリテーション」について、菊幸一教授が体育社会学の立場から体育学について語る講演がありました。

祝賀会では、和気藹々と今後の日本の体育学について語られていました。この日の模様は次号113号の中カラーで紹介します。

21世紀の「体育」は面白くなりそうです。(清家輝文)

写真はその祝賀会から。
祝賀会
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/688-951e6115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック