FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
自分の意見

 昨日は衆議院選挙でしたね。皆さん投票に行かれましたか?

 私は朝早くから仕事だったので18時過ぎに行きました。結果は民主党の圧勝だったのですが、なぜ民主党が選ばれたのでしょうか? いろんな方が解説されていますが、小泉政権になって以来、国民の格差が恐ろしく広がり、一部の層を除き国民の生活は苦しくなり、自公政権への信頼が失われたことが一つの要因だと言われています。

 前回の衆議院選挙では、郵政民営化を争点に小泉自民党が圧勝しました。この時は、郵政民営化に反対するものは自民党が公認しない、そしてその選挙区には刺客を送り込むといった荒療治に出て、マスコミはそういった今までにないドラマチックな展開を煽っていきました。当時必死に反対していた議員もおられましたが、その大きな波に向かって反対を唱えるひとは少なかったように思います。何か郵政民営化が正義であるみたいな雰囲気でしたよね・・・。我々国民は、政策の中身についてテレビや新聞から評論家の意見を知り、そして知らず知らずにその意見に迎合していくことが多いように思います。

 今回の選挙はどうだったのでしょうか。民主党はなぜ選ばれたのでしょうか?本当に実現できるマニフェストになっていたのでしょうか?

 一度自分なりに総括してみる必要があるかもしれませんね。

 わたしは、今の官僚主導の政治にメスを入れられるのは民主党しかないと思っています。でも中途半端にメスを入れると一時期日本が混乱するだけでまた元通りに戻ってしまうでしょう。『一掴一掌血、一棒一条痕』の気概を持ってやり切ってほしいと切に願います。

 この国を動かすのは政治家でも官僚でもなく、民意なのだと思います。自分自身は政治に詳しいわけではありませんが、もう少し勉強してマスコミに踊らされずにしっかりとした自分の意見を持っていなければと思っています。

 漠然と民主党に期待するだけでは、期待はずれに終わるかもしれませんね・・・。


ReCo代表 吉村直心
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/759-9587f8ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック