FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
前に紹介しました内田宗志先生から、メールが寄せられました。「スポーツ整形外科医のブログ」として掲載していきます。

■野球メジャーリーグで増えている股関節痛による故障者
New York Times (5月)で、股関節故障者が年年増加していると記載されていました。

ヤンキースのアレックス・ロドリゲス、フィリーズのチェイス・アトリー、投手マイヤー、 メッツのカルロス・デルガドといったメジャーリーグでも一流の選手が、股関節の故障で戦列を離れる事態が相次いでいます。、アトリーのチームメートであるブレット・マイヤーズ投手が、やはり股関節の手術を受けることになりました。

私の股関節鏡視下手術のお師匠さんであるMarc J PhilipponがAロッズやマイヤーズの手術をされました。

股関節の故障が原因で故障者リスト入りした選手は、
2007年が20人、
2008年が34人、
2009年は四分の一が終わった時点ですでに13人。

最近になって急激に増えている。これは10年前には考えられなかったことだとニューヨーク・タイムズが取り上げています。

プロスポーツ選手のあいだで、ACL損傷など、ヒザの怪我が増えた結果、トレーナーは脚の強化に力を入れてきました。スポーツ医学の専門家は、ヒザの怪我を減らすためのこの取り組みが、股関節を脆弱にしているのではないかと疑問視しています。

野球、フットボール、ホッケーなどの選手のリハビリプログラムを見ているトレーナーは「故障箇所だけを見て、全体の機能やバランスなどを見ていないのかもしれない。ここ数年、股関節の故障は、かつてないほど増えている」といっています。

一方、MRIなど画像診断の精度が上がったため、小さな故障も確認できるようになったことや、小さいときからスポーツを始める子供が増えていて、骨の形成に悪影響があることを指摘する専門家もいます。

確かに大腿骨頸部から頭部の出っ張りCAM LESIONなどは、成長軟骨を中心にでっぱってくるので、その影響があるのかもしれません。

トレーナーや整形外科医の多くは、ヒザの強化が股関節に影響しているとする仮説にショックを受けているが、トレーニング方法に問題があるとする見方に「以前から股関節の故障はあった。ただ、昔は今ほど診断がつかなかっただけだ」と反論する医師もいます。

私もそのように感じますが、子供のときには 一つのスポーツに特化するだけでなく、いろいろな動きをとりいれたほうがよいのではないかと思います。

日本でもわからないだけで 骨形態の異常があり、股関節痛の原因になっているひとが 私の外来に来られます。

近年の選手は身体が大きくなり、その分、足腰に負担がかかることや、若年からスポーツを始め、骨の形成が不十分なまま運動を続けるなど、いくつか原因は考えられると思います。

スポーツ医学の専門家は「リトルリーグでは投げ過ぎによるヒジの怪我が問題になり、注意するようになったが、股関節については、まだ研究されていない」と、NEW YORK のDr Bryan Kellyはいっていたそうです。

日本でもこのような研究が必要であると考えており、股関節痛を呈して手術にならないようにするための予防の研究が必要だと考えています。

野球による股関節痛で困っている方、日本でも治療が可能です。
正確な診断、精密かつ正確な手術、系統だったリハビリテーションがキーポイントとなります。

詳しくは私のブログで。

内田宗志
産業医科大学整形外科
日本体育協会公認スポーツドクター
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/785-b512408a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック