FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
弊誌で投球障害の連載中の能勢先生や、超音波画像診断の連載執筆者の先生も講師を務める「神楽坂スポーツ医学セミナー」の案内です。ぜひ、ご参加ください。

■神楽坂スポーツ医学セミナー
テーマ:成長期の投球肘障害
期日: 平成21年12月12日(土、14:00~19:00)、13日(日、9:00~17:00)
場所: 東京厚生年金病院 会議室・リハビリ室(JR飯田橋駅、徒歩5分)
(東京都新宿区津久戸町3−1、電話03-3269-8111)
参加費(12月13日の昼食代を含む):
医師(参加ハンズオン3種類) 30,000円
コメディカル(参加ハンズオン2種類)20,000円
一般(参加ハンズオン1種類) 10,000円
ゲスト講師:岩瀬毅信(国立病院機構徳島病院整形外科)
講師: 柏口新二、三嶋真爾、岡田知佐子(東京厚生年金病院整形外科)
松浦哲也、鈴江直人(徳島大学病院整形外科)
能勢康史(プロサーブ コンディショニングコーチ)
石崎一穂(東京厚生年金病院検査部)
西尾 進(徳島大学病院超音波センター)
主催:東京厚生年金病院整形外科   
運営事務局: アスリード株式会社
共催:スポーツサポート機構野球共育塾
協力: (株)リバランス、(株)リンバテック、 (株)GE横河メディカルシステム

プログラム
12月12日(土)14:00~19:00
講義1「勝つチームづくりと障害予防」能勢康史
「子どもの身体特性と障害-成長痛と骨軟骨障害-」柏口新二
講義2「運動連鎖からみた障害治療」三嶋真爾
「運動連鎖からみた動作指導」能勢康史
講義3
「肘関節の解剖と骨化成熟過程」鈴江直人
「野球肘の診断 成長期と成人期の障害」岩瀬毅信

12月13日(日)9:00~17:00
講義4「画像検査の選択」松浦哲也
「内上顆障害と離断性骨軟骨炎の保存療法」松浦哲也
「離断性骨軟骨炎の手術治療 選択と意義」柏口新二
講義&実技5「子どもの問診と診察」岩瀬毅信
講義6
「エコー検査の原理と方法」 石崎一穂
ハンズオン1
「肘エコー検査」(医師・コメディカル)
ハンズオン2
「肘関節鏡」(医師)
ハンズオン3
「投球動作の見方と指導」(医師・コメディカル・一般)

申し込み
ウェブサイトの申し込みフォームから。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/811-4dbf0591
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック