FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
昨日、東大本郷キャンパスにある武田先端知ビルの5階ホールで、「身体サミット―生命の構造を読み解く―」が開催された(主催:ミュートネットワーク、身心一体科学研究会)。

武術家で整体師でもある河野智聖先生、能楽師でロルファーでもある安田登先生、そして東大名誉教授の跡見順子先生が登場、河野先生との対談のあと、三人で鼎談。

河野先生は演武から始まり、そのほか実演も多数、安田先生は夏目漱石の「夢十夜」の第三夜を河野先生のギター伴奏で語った。すごい迫力。

日本の文化のすごさが溢れた内容で、これについては、次号で記事にする予定です。

会場は満員で椅子を追加するほど。こういう分野に興味がある人が多いことがわかりました。しかも比較的若い人が多く、今後が楽しみ。詳しくは次号の記事を参照してください。(清家輝文)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/835-157d5de7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック