FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
SSO野球共育塾より、下記のセミナー案内が届きましたので、ご紹介します。

SSO野球共育塾in東北セミナー案内

 スポーツサポート機構(SSO:Sports Support Organization)は「日本のスポーツのあるべき姿を考え、コーチの資質を向上させるとともに、スポーツ環境の整備に寄与し社会に貢献していく」ことを目的に自発的に集まった有志による任意団体です。野球共育塾は野球に関わる方々の「学びの場」で、職種や立場を越えた集うのが特徴です。この会は野球選手に対応できる「プロの育成」と「現場と医療のネットワークづくり」が目的です。
 今回のセミナーでは「投球障害の対応と予防」をテーマに、投球障害の診断と治療のコンセプト及び予防や投球動作安定に必要なコンディショニングについて整理したいと思います。現場や臨床で活用できる内容にしたいと思いますので、ご参加下さいますよう案内申し上げます。(野球共育塾代表:能勢康史)

日時/2010年2月28日(日) 受付開始12:30 講習開始13:00

会場/松田病院エバーホール(仙台市泉区実沢字立田屋敷17-1 Tel:022-378-5666)

主催/スポーツサポート機構野球事業部

テーマ/投球障害の対応と予防ー投球動作と身体機能に着目して

内容/
12:30~  受付開始
13:00~14:30 山崎哲也:成人期野球肘の病態と治療方針ー競技復帰に必要な条件
14:40~15:40 小野秀俊:投球障害の身体機能のみかたー障害予防のコンディショニング
15:50~16:50 能勢康史:投球動作のみかたーパフォーマンス向上のトレーニグ
17:00~18:00 ディスカッション

講師/山崎哲也(横浜南共済病院整形外科医、横浜BSチームドクター)
     小野秀俊(松田病院理学療法士、東北福祉大学野球部トレーナー)
    能勢康史(プロサーブ代表、野球コンディショニングコーチ)

対象/野球の指導者・トレーナー、医療従事者、その他興味のある方(他競技も可)

会費/会費は以下の2通りです。いずれも当日会場にてお支払い下さい、学生も同額です。
 会員:5,000円(年会費2,000円を含む)、一般:4,000円
*会員(年会費2,000円、会期4/1~3/31)はメールでの情報配信があり、会員限定の勉強会に参加できます。

お申し込み方法/下記の事務局まで、メールにて「SSO野球共育塾参加希望」とし、名前、所属(チーム・学校名など)、連絡先電話番号、メールアドレスを記入の上ご予約下さい。当日参加も可能ですが会場準備などの都合上、できるだけ事前にお申し込み下さいますようお願い申します。

申し込み締切/2010年2月15日 午後6時までにお申し込み下さい。

事務局/町田純司(山形東高等学校)
E-mail:smachidaj@pref-yamagata.ed.jp
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/926-9331142b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック