FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
野球共育塾勉強会より、さいたまでの開催のお知らせが届きましたので、ご案内します。


野球共育塾勉強会inさいたま

 野球共育塾は野球に関わる方々の「学びの場」で、職種や立場を越えた集うのが特徴です。この会は野球選手に対応できる「プロの育成」と「現場と医療のネットワークづくり」を使命に、ここで得た知識や人脈を活動に活かして、地域で活動して頂くことが目的です。

 今回は幅広い視野と感性を持った真のプロを目指すための「根」をテーマに勉強会を開催します。共育塾の学習内容の軸は人間学、コーチング、コンディショニングですが、今回は3つの軸の基本は何かについて考えていきたいと思います。どうしても方法論を中心になり、共育塾の理念について考える機会が少なかったので、この機会に3つの軸の基本を整理し活動の方向性を見出せればと考えます。また、3つの軸を討論するなかで現場と医療のネットワークについても具体的な活動につながるように進めていきます。

 野球選手の活動環境向上には現場と医療の方々の継続した出会いが必要ですので、皆様のご参加をお待ちしております。

日時/2010年2月13日(土) 受付開始15:00 勉強会15:30~19:30 懇親会20:00

テーマ/プロになるための根を考える

内容/
・下記の①②は能勢、③は渡辺先生が30分位プレゼンし、その後参加者で討論。必要に応じて実技を行うなど参加者が交流できるよう進めていきます。
①古典、老舗企業、スポーツに共通する根
②投球動作に必要な身体機能の重点ー運動パターンの着眼点とトレーニング
③投球障害対応のコンセプトー競技復帰と予防に必要なこと

講師/
渡辺幹彦(日本鋼管病院、スポーツ整形外科)
日本野球連盟競技力向上委員会医科学部会部会長、NPB医科学委員会委員
2000年シドニー・2004年アテネオリンピック全日本野球チームドクター

能勢康史(野球コンディショニングコーチ、(有)プロサーブ代表)
コンディショニングコーチとして、王子製紙や国士舘大学などのチームに関わる。現在もチームには関わるが、医療機関などでも野球選手へのコンディショニング指導を行う。

会場/さいたま文学館文学ホール (埼玉県桶川市若宮1-5-9 JR高崎線桶川駅西口徒歩5分)

対象/野球の指導者・トレーナー、医療従事者、その他興味のある方(他競技も可)

会費/会費は以下の2通りです。いずれも当日会場にてお支払い下さい。学生も同額です。
   会員:2,000円(次年度の年会費)、初参加者:3,000円(年会費2000円を含む)

申し込み/下記の事務局まで、メールにて「野球共育塾参加希望」とし、名前、所属(チーム・学校名など)、連絡先電話番号、メールアドレスを記入の上ご予約下さい。当日参加も可能ですが、事前に連絡頂けると幸いです。

申し込み締切/2月11日(祝)午後8時までにお申し込み下さい。

事務局/kokushi25ryo@hotmail.com(担当/鈴木良)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/955-c8f5cb41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック