FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

173号が発売になりました。特集は以下のとおりです。
特集の約半分をHPで公開しています。
こちらのサイトの「特集頁例」をクリックしてください。
よろしくお願いします。(清家)

■特集 姿勢と歩行
——コーディネーション、インタラクション、リハビリテーション

姿勢と歩行は、運動のもっとも基礎と言えるだろう。姿勢も歩行も意識することなくできているが、その人のクセが現れやすいものでもある。では、その姿勢や歩行はどのように制御されているのか。姿勢と歩行について、理学療法士とリハビリテーション領域に強い関心を示す心理学の専門家が異なる視点でアプローチした本が出た。それを機に、両氏に取材、その異なる視点と両者が交わる領域を探ってみた。キーワードは「協調」であり、英語ならcoordination、interactionである。


1 姿勢と歩行の捉え方
―― 運動連鎖と姿勢制御、歩行への視点
建内宏重・京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 助教 理学療法士、博士(人間・環境学)

2 「協調する身体」をキーワードにみる姿勢と歩行
―― 医療と運動を結ぶ観点から
樋口貴広・首都大学東京人間健康科学研究科 教授
スポーツ医学サイト、MMSSM(Multimedia Station for Sportsmedicine)では、書籍も刊行しています。現在、電子書籍が3点、紙の書籍が1点、計4点です。詳細はMMSSMのサイトをご覧下さい。

●紙の書籍は、以下1点。
「明智光秀 資料とともにたずねる智将明智光秀のゆかりの地と劇的な人生」
著者:信原克哉 信原病院・バイオメカニクス研究所院長

●電子書籍は以下3点です。
「〜身体運動研究者と指導者のための〜 新しい視点からのトレーニング科学」
The New Paradigm of Exercise Science
著者:宮下充正 東京大学名誉教授、首都医校校長

「欧州〜中近東〜アジアをめぐる 筋力トレーニングびんぼう視察旅行記」
著者:窪田 登 早稲田大学名誉教授、吉備国際大学名誉教授、元吉備国際大学学長

「スポーツとスポーツメディスン 第一部」
著者:清家輝文 月刊スポーツメディスン編集人
月刊スポーツメディスンで連載していただいている久木留毅先生のトークショーが今月28日(木)19-21時、イオンモール幕張新都心店グランドモールの1F蔦屋書店の文具カウンター脇にあるイベントスペースで開催されます。『Think Ahead トップスポーツから学ぶプロジェクト思考』という新刊書発売記念でもあります。

お相手は、水梨利雅氏。ソニーでSmart Tennis SensorやSmart B-Trainerを発売、スポーツエンタテインメント事業を立ち上げた人。入場無料なのでお近くの人はぜひどうぞ。
スポーツ医学サイトMMSSM(multimedea station for sportsmedicine)に新コンテンツをアップしました。平出康彦氏による動画つきのコンテンツです。有料ですが、そのほか無料コンテンツもたくさんあります。ぜひ一度ご覧ください。

■オランダでのフィジオセラピストの仕事 7
足関節傷害に対する診断・治療プロセスおよび関節モビライゼーション(動画付)

●概要
 今回は「足関節」に焦点を当て、とくにスポーツ選手のケガに多い、足関節内反捻挫と内反捻挫後に発生しやすい機能的不安定性を中心に、オランダ理学療法士協会のガイドラインに沿った診断・治療プロセスの基本と関節モビライゼーションについて、FC ユトレヒトアカデミーで用いられているガイドラインとともに紹介する。
 また、「Traction(牽引)/Translation(滑り)による可動域制限の評価」および「関節包の拘縮による可動域制限が見られる場合に行われるモビライゼーション」を動画で解説。
2015/05/11 発売
定価:864円(本体800円)
14ページ(ファイルサイズ:131MB)
平出康彦
Thim van der Laan Hogeschool voor Fysiotherapie
サッカークラブ「FC Utrecht Academy」メディカルスタッフ
サッカークラブ「J-Dream FC」コーチング & メディカルスタッフ
■立ち読み
http://mmssm.jp/jwsm/sample/pt008_sample.pdf
■購入
http://mmssm.net/?pid=89648765
■詳細
http://mmssm.jp/jwsm/jwsm2015_pt008.html
169号から以下の2つの連載がスタートしました。

石井健太郎先生による「姿勢と運動学の観点からの障害評価・介入方法」
第1回は、「Postural Restoration Institute® 姿勢と運動学の観点から」。

森本圭太先生による「It's Now or Never」
第1回は、「アメリカ留学 その1 ~行動する力~」

石井先生の連載はPRIの考え方と方法を丹念に紹介していくもの、森本先生の連載は留学によって得たものの大きさから、留学をすすめ、背中を後押しするもの。

このほかに、現在、新連載をいくつか企画中。次号からももうひとつ始まる予定です。(清家)