FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

130号の特集取材で駒込にある「リニアート」の増田さんを取材してきました。以前訪れたときと違うのは、1階に治療院ができ、看板もあったこと。以前は2階だけでしたね。ということは、拡大の方向。何よりです。つくばにも治療院を開いたそうです。

隣接してコンディショニングルームがあり、別経営ですが、最初から一緒にやってきた仲間だそうです。

鍼灸マッサージ師という資格を有し、トレーナー界では知られた増田さんですが、聞くともう50歳とか。若い人の将来も考え、治療院を開き、その数を増やしていきたいとのことでした。

リコンディショニングへのアプローチはさまざまであってよいと思います。取得資格の問題もあるし、大隈さんのように、医療資格なしでも、リコンディショニングに取り組むことはできます。要は、どういう発想で、どういう場所で、どれくらいの規模で、どういうスタッフと、何を目指して行うかということでしょう。

今度の130号では、そのあたりも含めて、リコンディショニングを一歩深めて考えてみたいと思います。(清家輝文)
130号の特集は「リコンディショニング」をテーマにします。

ドクター、理学療法士、アスレティックトレーナー、鍼灸マッサージ師などの人に取材、これから必要なリコンディショニングの考え方とその実例について紹介していただきます。

被災地の人にも必要なものと考えます。なんらかのかたちで役に立っていけばよいのですが。

では、これから取材に出かけます。明日も同様。来週月曜にも取材です。

129号の発行が少し遅れたため、今回も時間との戦いになりそうです。発行が遅れたり、中止になっている雑誌も多いとか。なんとか、130号は予定どおり出したいところです。がんばりましょう。(清家輝文)
地震の影響で129号の入稿が遅れていますが、本日入稿の予定です。

129号の特集は「肩甲骨」をテーマに、藤が丘リハビリテーション病院の千葉慎一先生に「肩甲胸郭関節に着目した肩関節の評価」について、また信原病院・バイオメカニクス研究所の田中洋先生に「肩の動きと機能に対するバイオメカニクスからのアプローチ」について、豊富な資料とともに語っていただきます。

詳細は追ってお知らせします。

発売が少し遅れますこと、お詫びし、お待ちいただきますようお願い申し上げます。(清家輝文)
128号の「ランナーを『診る』」はいかがだったでしょうか。特集以外も豊富な記事で充実していると思うのですが。

さて、次号、129号の特集は「肩甲骨」をテーマにします。もちろん、全身の運動連鎖の中での肩甲骨です。

取材させていただくのは、千葉慎一先生(取材はもう終わりました)と田中洋先生(信原病院バイオメカニクス研究所)。具体的に、かつ詳細に紹介します。

ご期待ください!(清家輝文)
今月発売の126号の特集は「皮膚と運動」と題し、『皮膚運動学』の編著者である福井勉先生と共著者の山口耕平先生に取材し、そのエッセンスやこれまでの経緯、これからのアプローチなどについて聞きました。

とても興味深い内容です。お楽しみに!(清家輝文)