FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

5月の総アクセス数は9,783、うちユニークアクセスは5,650でした。

ユニークアクセスは過去最高です。ありがとうございます。

なお、今月の「もも家」のフードレシピは、明日あたりの掲載になります。もう少しお待ちください。(清家輝文)
4月の総アクセス数は、7,974、うちユニークアクセスは4,464でした。大震災のあと、春休みということもあり、いつもより少ないですね。

最近は、ツイッターやFacebookなどが人気で、ブログは少々活気を呈していない気もします。弊誌もツイッターは活発ですが、ブログもちょっとパワーアップしないといけないなと思っています。

もう少ししたら、新企画を始めますね。

今はゴールデンウィーク、真っ最中。ブログをみる人も少なくなるときです。

編集部は、昨日、帝京大学溝口病院の西良先生に取材。面白い話をたくさん聞いてきました。131号に掲載します。

みなさん、よいGWをお過ごしください。(清家輝文)
例年3月は年度末、春休みということでアクセス数は減りますが、今回は大震災・大津波、原発事故で、みなさんそれどころではなかったと思います。

トータルアクセスは8,532、ユニークアクセスが4,691でした。

今日から4月、新年度の始まりです。日本復興に向けて、新たな気持ちで進みましょう。弊誌も新たな取り組みを考えています。みなさんに喜んでいただき、かつお役に立つような内容でありたいと考えています。

今後ともよろしくお願いします。(ツイッターでは毎日ツイートしていますので、ぜひご覧下さい)。(清家輝文)
2月の総アクセス数は8,697、ユニークアクセスは4,721でした。2月は日数が少ないのと、試験の時期だったりして、例年アクセス数は落ちますね。

でも、ツイッターやfacebookなどが出てきて、ブログはちょっとアクセスが減っているのかもしれません。

ま、気を取り直してと。(清家輝文)
2011年1月のアクセス総数は、9,188、ユニークアクセスは5,097でした。お正月明けなので、総数は若干減りましたが、ユニークアクセスは5千人を超えています。ありがとうございます。

また新しいコラム執筆者が増えそうです。お楽しみに!(清家輝文)