FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

明日は、アスレティックトレーニング学会第1回学術集会。山本利春学会長の会長講演のあと、シンポジウム「アスレティックトレーニング学の体系化に向けて」、そのあと演題発表。

その模様は次号に掲載予定です。(清家)
今、146号を編集中ですが、今回は連載や寄稿が数多く、特集以外で12本以上になります。特集は、3本+1コラムで計4本ですが、その分濃縮された内容になります。

今、なんとか月曜入稿をめざして奮闘中です。またお知らせしますので、よろしくお願いします。(清家輝文)
現在、146号の特集「ジャンパー膝」の原稿をまとめているところです。今回は、連載や寄稿の数が多く、特集は3本になりますが、医師2先生、PT2先生に登場していただきます。95%以上は治癒というよい成績を挙げておられる東京西徳洲会病院の森戸先生とPTの八木先生、メディカルフィットネス施設と連携し、エコーを活用しておられる東あおば整形外科の高橋先生とPTの村瀬先生。この4先生に取材しました。

どのような診断と治療なのか、詳細に紹介します。(清家輝文)
明日は、146号の特集の取材で仙台に行きます。高橋周先生に取材です。新しくオープンされたクリニックの模様も見てきます。また報告しますので、よろしくお願いします。(清家輝文)
昨日は、東京西徳洲会病院の森戸先生に取材。同病院ではジャンパー膝の復帰率が非常に高く、その診断と治療について詳しく聞いて来ました。

リハビリテーションについては、同病院の八木先生(理学療法士)に詳細に記していただく予定です。週末は仙台に行き、高橋周先生およびそこの理学療法士の先生に取材の予定です。

ジャンプやキック動作の多い競技では多発する疾患であり、慢性化しやすいのですが、この特集が少しでも役に立てばと思っています。よろしくお願いします。(清家輝文)