FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.203(2018年8月号)←詳細&購入はここ!
SQ203 表紙
『特集 エコーの活用と連携」
──医師とコメディカルのコミュニケーション
 
1.「広がるエコーとその活用」
──理学療法士との連携とともに

 宮武和馬・横浜市立大学運動器病態学教室、同大学附属病院整形外科

2.「「運動器クリニック」を開業、PT・トレーナーとともにエコーを駆使」
 伊澤一彦・薬師寺運動器クリニック院長
 
3.「理学療法士としてのエコーの活用と医師との連携」
 宮田 徹・相模原協同病院リハビリテーション室
 河端将司・同上

4.「エコーを駆使した医師と理学療法士とのコラボレーション」
──亀田メディカルセンター・スポーツ医学科
 服部惣一・亀田メディカルセンター スポーツ医学科 部長代理
 小山 稔・同上 リハビリテーション室 理学療法士
 
■カコミ エコーの使用とコミュニケーション
スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会
平成30年度 第55回ワークショップ
――基礎から学ぶスポーツ外傷・障害「腰部・体幹の評価に必要な知識と視点」

日程/8月4日 (土)

時間/午後1時45分~5時

会場/酒井医療株式会社 本社2階 セミナールーム(東京メトロ有楽町線「江戸川橋」駅徒歩3分)

内容/「腰部・体幹の評価に必要な知識と視点」河端将司(相模原協同病院)
・腰部痛と骨盤痛の基本的な病態を理解する
・仙腸関節、腰椎、胸椎、胸郭の構造と機能を理解し触診ができる
・姿勢と運動を3次元的に捉え、運動機能異常を推察できる

参加費/会員3,000円、一般6,000円、学生会員2,000円、一般学生5,000円

申し込み方法/HP内の申し込み入力フォームより申し込む

申し込み締切/7月31日(火)まで
※会場準備の都合上、事前のお申し込みをお願いいたします。

問い合わせ/第55回ワークショップ事務(担当:柿山知子)
E-mail:tomoko.kakiyama@gmail.com

第18回大学生・高校生のためのスポーツ医学セミナー
スポーツ医学セミナー
日程/8月18日(土)

時間/午後1時~6時10分

会場/久留米大学御井キャンパス 御井本館12A教室(福岡県久留米市御井町1635)

主催/一般社団法人日本整形外科スポーツ医学会
主管/日本整形外科スポーツ医学会教育研修委員会、久留米大学人間健康学部スポーツ医科学科
後援/スポーツ庁、久留米市役所、西日本新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、朝日新聞社
協賛/久留米スポーツ医科学研修会、久留米大学医学部同窓会、佐賀有薗義肢装具製作所、九州風雲堂(株)

内容/第1部
1.「社会的サポート」
   大橋充典(久留米大学人間健康学部スポーツ医科学科 助教)
2.「心理サポート」
   奥野真由(久留米大学人間健康学部スポーツ医科学科 助教)
3.「コンディショニング」
   原 賢二 (久留米大学人間健康学部スポーツ医科学科 准教授)

第2部
4.「ドーピング」
   吉田 典子(久留米大学人間健康学部スポーツ医科学科 教授)
5.「スポーツ選手の栄養管理」
   堀部秀二(大阪府立大学総合リハビリテーション学類 教授)
6.「ケガからの復帰」
   副島 崇 (久留米大学人間健康学部スポーツ医科学科 教授)

第3部
招待講演「ラグビーとともに――ケガを乗り越えるための取り組み」
   菊谷 崇(元・ラグビー日本代表 主将)

座談会「2019ラグビーワールドカップ&2020オリンピック・パラリンピックに向けて」
   菊谷 崇(元・ラグビー日本代表 主将)
   井上貴司(ラグビー日本代表2018 帯同ドクター)
   五反田清和(セブンズラグビー日本代表2018 帯同ドクター)
   原 賢二 (U-20ラグビー日本代表2018 帯同トレーナー)

対象/大学生・高校生を主な対象としていますが、一般の方やクラブ単位での参加も可能
・スポーツ医学に興味や関心がある
・スポーツ医学に関する正しい知識と技術を身につけたい
・将来、クラブチームのスポーツドクターやトレーナーとして活躍してみたい

定員/300名(先着順となります)

参加費/無料

申し込み方法/ホームページ内の「申込専用フォーム」から申し込む
申込専用フォームからお申し込みができない場合は、下記必要事項を明記し、メールまたはFAXにて申し込む。
FAX書式
・必要事項:①氏名(フリガナ)、②学校名・学年、または勤務先名、 ③年齢、 ④郵便番号、 ⑤住所、 ⑥電話番号、 ⑦E-mail 、⑧参加人数、 ⑨参加動機

申し込み締切/8月3日(金)

問い合わせ/一般社団法人日本整形外科スポーツ医学会事務局
「第18回大学生・高校生のためのスポーツ医学セミナー」係
(株式会社コングレ内)
TEL: 03-3263-5896
FAX: 03-5216-3115
E-mail: gakusei-seminar@jossm.or.jp

第 25 回 スポーツビジョン研究集会

日程/8 月 18 日(土)

時間/午後12時15分~5時15分(受付:午前11時15分より)

会場/東京ビッグサイト 102 会議室(東京都江東区有明3-21-1)

内容/特別講演「眼の進化と加齢性変化」栗原俊英(慶應義塾大学医学部眼科学教室特任准教授)
教育講演「スポーツビジョンの過去とこれから」真下一策(一般社団法人 日本スポーツビジョン協会 代表理事)

定員/100名(先着順)

受講料/8,100円、学生5,400円(いずれも税込)

申し込み方法/HP内の「申し込みフォーム」からご予約

申し込み締切/7月31日(火)まで

問い合わせ/一般社団法人日本スポーツビジョン協会事務局
TEL:03-3668-4729
E-mail:svc@sports-vision.jp


第 9 回 スポーツビジョン講習会

日程/8 月 19 日(日)

時間/午前10時~午後5時(受付:午前9時40分より)

会場/東京ビッグサイト 102 会議室(東京都江東区有明3-21-1)

内容/Ⅰ.「スポーツビジョンとは」
①ものが見えるメカニズム、②スポーツビジョンの歴史、③スポーツビジョン8項目、④競技とスポーツビジョン
Ⅱ.「子どもとスポーツビジョン」
①視機能の発達、②DVA動体視力
Ⅲ.「視力矯正」
①総論、②メガネ、③コンタクトレンズ、④手術、⑤度付ゴーグル
Ⅳ.「眼の保護」
①技種目と眼外傷、②眼の保護
Ⅴ.「ビジョントレーニング」
①総論、②具体的方法(1)
Ⅵ.「ビジョントレーニング」
①具体的方法(2)、②トレーニング・グッズ
Ⅶ.「ビジョントレーニング実習」
①スポーツビジョン8項目測定、②トレーニング・グッズ体験

※「認定眼鏡士」(公益社団法人 日本眼鏡技術者協会)生涯教育講座(2単位)として認定

定員/50名(定員になり次第締切)

受講料/10,000円(税込)

申し込み方法/HP内の「申し込みフォーム」から申し込む

申し込み締切/7月31日(火)まで

問い合わせ/一般社団法人日本スポーツビジョン協会事務局
TEL:03-3668-4729
E-mail:svc@sports-vision.jp

(一社)日本スポーツビジョン研究会
7/25(水)~7/27(金)東京ビッグサイトにて開催「スポルテック 2018」に出展
――講演「スポーツと視覚~動体視力を鍛える~」のお知らせ


日本最大のスポーツ・健康産業総合展示会「スポルテック」に今年も昨年に続き、出展いたします。
昨年は株式会社東京メガネとの協同出展でしたが、今回は当協会単独での出展です。

当協会ブースでは、スポーツビジョンを幅広く、より多くの方にご紹介するために、
スポーツビジョンに関するさまざまな情報を提供いたします。

スポーツビジョン研究の核となる「スポーツビジョン測定」を来場者の皆様にご体験いただけるよう、測定項目別の各種専用機器をブースに展示。
希望者を対象に係員が測定を実施します。さらに、測定結果の評価等もご説明いたします。
ほかにも、スポーツビジョン概要を紹介するパネルや動画の展示もいたします。

また、会場内セミナーとして、7 月 27 日(金)に当協会代表 真下一策が講師を務める講演「スポーツと視覚~動体視力を鍛える~」が行われます。

競技力に影響する「見る力」とは…? スポーツビジョンを気軽に体験いただける機会です。
多くの方のご来場をお待ちしております。

日程/ 7 月 25 日(水)~27 日(金)

時間/午前10時~午後6時(最終日は午後5 時まで)

会場/東京ビッグサイト

▼スポルテックの詳細は主催者オフィシャルウェブサイトを参照

▼真下一策 セミナー「スポーツと視覚~動体視力を鍛える~」の詳細はHPをご参照ください。
※開催日を「7/27」に絞り込んでいただくと、6ページ目にて、セミナーの情報をご覧いただけます。

子どものための心理的応急処置
~災害時や緊急時、あなたはどのように子どもに声をかけますか?~


18zenki_oukyuusyochi-1.jpg
災害や事故に遭遇してしまうことで、子どもはショックや不安になやまされてしまうことがあります。緊急時に受けたこころの傷を長く残さないための、こころの応急手当てともいえる「子どものためのPFA」は、専門家でなくてもだれでもできる心理社会的ケアの方法です。

より多くの方が身に付けることで、より多くの子どもを救うことができるこの方法を、東北・熊本などの被災地で子ども支援に関わり続けてきた講師と団体が皆さんにお伝えします。

日程/平成30年7月22日(日)

会場/日本体育大学横浜・健志台キャンパス 8号館3F 8301教室

時間/午後1時~4時

内容/「災害時のメンタルヘルス概論」 河嶌 譲
「子どものためのPFA」 赤坂 美幸、沖野 昇平
「PFA の行動原則と演習」河嶌譲、赤坂美幸、沖野昇平

講師/鈴木健介(保健医療学部准教授、救急蘇生・災害医療学研究室)
河嶌 譲 (国立病院機構災害医療センター)
赤坂 美幸(公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン)

定員/250名

対象/一般、本学教職員・学生、高校生

受講料/無料

申し込み方法/申し込みフォームから必要事項を入力しお申し込みください。

申し込み期間/6月25日(月)~7月20日(金)午後5時まで

問い合わせ/日本体育大学 社会貢献推進機構 スポーツプロモーション・オフィス