FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.205(2018年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ205.jpg
『特集 肩甲骨の動きと働き」
──5つの視点からみる肩甲骨
 
1.「セラピストのための肩甲骨キネマティクス」
──最新の3次元動作解析による研究と臨床応用
 乾 哲也・千里リハビリテーション病院 大阪大学大学院医学系研究科 運動器バイオマテリアル学 RPT、M.A.(学術修士)

2.「運動過程の違いによる肩甲骨機能の変化」
 楠 貴光・医療法人和松会 六地蔵総合病院リハビリテーション科 RPT、MS(保健医療学)
 
3.「運動課題による肩甲骨周囲筋活動の変化とその特徴」
 井尻朋人・医療法人寿山会 喜馬病院 法人リハビリテーション部 部長 RPT、MS(保健学修士)
 
4.「肩甲骨周囲筋群の筋活動とオーバーヘッドスポーツにおける肩甲骨機能」
 福島秀晃・伏見岡本病院 リハビリテーション科 RPT
 
5.「結帯動作時の肩甲骨運動と筋活動について」
 白井孝尚・医療法人寿山会 喜馬病院 法人リハビリテーション部 RPT
 
6.「座談会:肩甲骨の研究をめぐって」
 参加者:乾 哲也、楠 貴光、井尻朋人、福島秀晃、白井孝尚
  進行:鈴木俊明・関西医療大学大学院 研究副科長 教授
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「インディバ®・アクティブ」東京セミナー

日程/12月8日(土)

時間/午後2時~5時(予定)

会場/株式会社インディバ・ジャパン東京本社(東京都目黒区碑文谷5-15-1)

内容/今年ロシアで行われたFIFAワールドカップに帯同された、久保田武晴院長(くぼたスポーツ接骨院)による特別報告。
試合前、試合中、あの激闘の中で選手に何が起き、どんなケアを行ってきたのか、リアルなお話を聞ける貴重な時間となる。
インストラクターからは新発売となる「INDIBA® FASCIA」について、詳しい説明とデモを行う

定員/25名

問い合わせ/株式会社インディバ・ジャパン
TEL:03-5768-8871
FAX:03-5768-8872

第5回投球動作研究会研究集会

日程/12月23日(日)

時間/午前10時~午後4時30分(受付:午前9時30分)

会場/連合会館大会議室(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)

主催/投球動作研究会

共催/Creative-Sports

内容/「開会の挨拶と本日の流れ」
 久保田正一(くろだ整形クリニック、野球動作指導Baseball-Station筑後)

シンポジウム①『投球動作指導について』
 柏木洋和(山梨県立都留高校野球部監督)
 松原葵(葵接骨院院長、柔道整復師)
 名塚健史(埼玉医科大かわごえクリニック、理学療法士)

シンポジウム②『下半身を使うとはどういうこと?』
 松下登(元葛西少年野球連盟二小クラブ監督)
 河合雄也(NPO法人八王子ボーイズ監督)
 内田智也(藤田整形外科スポーツクリニック、理学療法士)
 久保田正一(くろだ整形クリニック、野球動作指導Baseball-Station筑後、理学療法士)

『下半身に対する動作指導とトレーニング』
 前田健(BCSベースボールパフォーマンス代表取締役)
 三橋佳(新日鉄住金鹿島野球部トレーナー)

定員/150名

受講料/一般8,000円(当日9,000円)
      学生(医療、トレーナー関係)4,000円(当日5,000円)
      選手無料

※学生、選手は学生証の提示。選手は医療、トレーナー関係の学生以外の選手であり、医療、トレーナー系の学生で選手は選手とみなしません

申し込み方法/各WEBより申し込む
PC・スマホから
携帯から

申し込み締切/12月12日(水)

問い合わせ/投球動作研究会
E-mail:info@creative-sports.info

スポーツ現場で使えるハイドロバッグを使用した運動療法

日程/10月27日(土)
     10月28日(日)

時間/27日:午後5時~8時30分
    28日:午後3時~6時30分

会場/笠井整骨院

内容/毎月開催している大阪無料勉強会。
今回のテーマは「スポーツ現場で使えるハイドロバッグを使用した運動療法」。
メディカル・ハイドロバッグは、全国170カ所を超える施術所、スポーツ団体で使用している。初めての方も、この機会にぜひメディカル・ハイドロバッグを体験ください

※本年度はグループ院様、また個人的勉強会に出張しての講習も受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

講師/笠井浩一(柔道整復師)

定員/15名

参加費/無料

申し込み方法/WEBより申し込む

問い合わせ/メディカル・ハイドロバッグ研究会

丸の内スポーツラボ特別編
野球選手の長期選手育成
――障害予防・パフォーマンス向上・高身長アスリート育成を目指して


日程/9月15日 (土)

時間/午後2時30分~5時

会場/新丸の内ビルディング 10F EGG JAPAN コラボレーションスペース(東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 東京駅徒歩5分)

主催/株式会社ユーフォリア

内容/近年野球界で議論を呼んでいる投手による「投げすぎ問題」について非常にお詳しい野球医学の第一人者である馬見塚尚孝先生(西別府病院スポーツ医学センター副長 野球医学科、日本整形外科学会専門医、筑波大学硬式野球部部長兼チームドクター、U16野球日本代表チームドクター (2011年))による講演

「野球医学専門家」という医師の視点からみた、野球の指導方法や・怪我予防・高身長アスリート育成などについて講演予定

定員/40名

参加費/5,000円(終了後の懇親会はございません)

申し込み方法/Peatixサイトより申し込む

問い合わせ/株式会社ユーフォリア
第13 回 埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会

日程/10 月 27 日(土)

時間/午後3時30分~ (予定)

会場/埼玉医科大学かわごえクリニック 6階 大会議室(埼玉県川越市脇田本町21-7、JR 埼京線「川越」駅下車 徒歩 3 分、東武東上線「川越」駅下車 徒歩 3 分、西武新宿線「本川越」駅下車 徒歩 10 分)

会長/森 芳久(埼玉医科大学かわごえクリニック リハビリテーション科)

後援/埼玉県整形外科医会、埼玉県健康スポーツ医会、埼玉県体育協会、埼玉県理学療法士会(予定)

共催/埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会、久光製薬株式会社

内 容/【一般演題】 募集中(詳細は下記「一般演題応募方法」参照)

【シンポジウム】
テーマ「みんなで考えるオーバーユース障害の予防と治療」
座長 森 芳久 先生(埼玉医科大学かわごえクリニック リハビリテーション科)

①「大学長距離選手の障害と予防」櫛部静二(城西大学男子駅伝部 監督)
②「受傷アスリートの胸の内」荒井弘和(法政大学文学部心理学科 教授)
③「障害予防と回復のためのスポーツ栄養サポート」金子香織(早稲田大学スポーツ科学学術院)
④「腱付着部障害に対する体外衝撃波治療」杉田直樹(埼玉医科大学整形外科)

【特別講演】
座長 酒井宏哉(埼玉県立大学保健医療福祉学部共通教育科 教授)

1.サッカーリオオリンピック日本代表におけるメディカルサポート
2.スポーツ障害・外傷の病態解明と予防プロジェクト
演者 武冨修治(東京大学大学院医学系研究科 整形外科学 講師、東京大学スポーツ先端科学研究拠点)

定員/200 名(会場の座席数が限られておりますのでご了承下さい)

認定単位/日本整形外科学会教育研修会1単位 分野番号[2] [13]または[S]スポーツ
医日医認定健康スポーツ医学再研修会1単位
日本リハビリテーション医学会生涯教育単位付与項目 10 単位日本整形外科学会研修単位
※日本リハビリテーション医学会生涯教育単位取得希望の先生は、受講費 1,000 円を徴収させていただきます

参加費/一般2,000 円、学生1,000 円

申し込み方法/下記の事務局宛に「埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会参加希望」として、電子メールまたは FAX にて①~③の事項を記入の上、申し込む。
①氏名(ふりがな)、②所属施設名・職種、③連絡先郵便番号・住所・電話番号・メールアドレスあるいは FAX 番号

申し込み締切/10 月 13 日(土)

【一般演題募集】
下記事務局宛に電子メールにて、①演題名②発表者名③発表者所属先④メールアドレスを記載し応募してください

一般演題申し込み締切/9 月 29 日(土)

問い合わせ/第13 回 埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会事務局
埼玉医科大学かわごえクリニックリハビリテーション科(担当:森 芳久)
TEL:049‐238-8292
FAX:049‐238-8273
E-mail:kcreha@saitama-med.ac.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。