スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.189(2017年4月号)←詳細&購入はここ!
msm189-Taguchi.jpg 特集『特集 アスリートの骨盤を守る』
 
1.「仙腸関節機能障害の病態」
坂本飛鳥・聖隷クリストファー大学リハビリテーション学部理学療法学科
        
2.「3D-MRIに基づく骨盤の歪み(マルアライメント)」
小椋浩徳・スタイル訪問看護ステーション、理学療法士
 
3.「骨盤マルアライメントと原因因子の臨床評価」
杉野伸治・Shinji Sugino RPT、カラダコンディショニングTHANKS

4.「骨盤マルアライメントの治療」
蒲田和芳・広島国際大学リハビリテーション学科

5.「“挫滅マッサージ”によって出現した副作用について」
──坐骨神経に異常をきたした女子アスリートの一症例
蒲田和芳・広島国際大学リハビリテーション学科
   
日本幼少児健康教育学会
第35回大会 春季:世田谷大会

161107_第2弾チラシ
日程/3月4日(土)・5日(日)

時間/4日:午後1時より(懇親会:午後5時30分より)
     5日:午前9時30分~午後3時30分

会場/日本体育大学世田谷キャンパス
(東京都世田谷区深沢7-1-1)

主催/日本幼少児健康教育学会

内容/
【4日】
(公開)
特別講演:「日本における子どもの健康実態と課題」
 小澤治夫(東海大学スポーツ医科学研究所教授)

(公開)
教育講演:「『子どもにやさしいまちづくり』の動向」 
 吉永真理(昭和薬科大学薬学部教授)

一般研究発表(ポスター)

【5日】
一般研究発表(口頭)

総会

シンポジウム:「子どもの輝く未来のために 幼少児健康教育研究のこれからを考える」
          嶋﨑博嗣(東洋大学ライフデザイン学部教授)
          服部伸一(関西福祉大学発達教育学部教授)
          梅澤雅和(東京理科大学研究推進機構総合研究院講師)

参加費/*特別講演(公開)および教育講演(公開)はどなたでも無料で参加可
会員7,000円
学生会員(大学院生含む) 2,000円
一般参加者 2,000円
抄録集のみ 1,000 円 
懇親会 5,000円

※日本体育大学の教職員および大学院生・学生は無料で参加できます。
  受付で教職員証または学生証をご提示ください。但し、抄録集が必要な方は別途ご購入ください。

問い合わせ/大会事務局:日本体育大学 野井研究室
TEL&FAX:03-5706-1543(研究室直通)
新刊のご案内

『トレーニングは酸素不足との戦いである
――2020東京オリンピック・パラリンピックへむけた
最新のトレーニング理論』


(宮下充正・東京大学名誉教授 著)


1964年の東京オリンピックの次は1968年メキシコシティで開催が決まっていた。そこで東京オリンピックの翌年1965年には運動生理学専門の医師2名、競泳コーチ2名、トップ選手14名が酸素濃度の薄い高所への適応過程を調査に出かけた。以来、低酸素トレーニングについての研究は進んだ。

しかし高所へ行くには時間もお金もかかる。外国なので日本食が摂れない、時差があるなど問題もあった。そこで日本でも高所(低酸素)トレーニングが可能な施設建設が求められた。いくつか完成しているが、大規模な施設はなかった。ようやく2017年2月、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックにむけて、大規模な低酸素トレーニング施設その建設が決まった。本書は、そうした施設での低酸素トレーニングの科学的基礎を明らかにする絶好のガイドブックである。

表紙ブログ用
  A5判 64ページ オールカラー

  定価:1,000円(税込1,080円)

  送料:1冊200円、2冊250円、3冊以上送料無料

  発行所:編集工房ソシエタス

  購入方法:MMSSMサイトよりお求め下さい。





■主な目次
第1部 なぜ、新しいトレーニングなのか
1.まず、体力と技術とを区別する
2.トレーニングは酸素不足との戦いである
3.栄養物質の中でもっとも重要なタンパク質
4.金の卵を育てる
5.運動強度を上げていくときの生理学的反応
6.トレーニング・プログラム作成上の要点
7.ストレングスとコンディショニングの原則
8.アスリートに応じたプログラムの変更
9.スポーツ種目に特有なストレングスとコンディショニング
10.トレーニング効果を確かめる体力測定
11.オーバートレーニングに注意する

第2部 高所(低酸素)トレーニングの科学的基礎
1.東京オリンピック・パラリンピックで獲得メダル数を増やすカギとなる低酸素トレーニング
2.低酸素トレーニングの実際
まとめ:アスリートは自覚することが肝心
あとがき








公認ロルファーTMによる筋膜リリースセミナー「肩・肩甲帯編」@大阪

日程/4月23日(日)

時間/午前10時~午後5時30分(受付開始:午前9時30分より)

会場/大阪リゾート&スポーツ専門学校1号館(大阪市淀川区西中島3-6-2、大阪市営地下鉄 御堂筋線「西中島南方」駅 阪急京都線「南方」)

内容/公認ロルファーによる筋膜リリースセミナー。近年、マスメディアの注目もあり一般の方もよく耳にする言葉になった。だからこそクライアントに伝える正しい知識が必要。ロルフィングは、体の一部分が痛いからと、その部分を見るのではなく体全体を見るのが特徴。

このセミナーではロルフィングを通して筋膜リリースが具体的に筋肉へどのようにアプローチするのか?力の入れ方や「角度」や「深さ」を意識しながら変化を感じるハンズオン形式のワークショップ。
※このセミナーはロルフィングを習得するセミナーではありません。

講師/伊藤亮輔(公認ロルファー)

対象/筋膜リリースに興味あるトレーナー・PT・OT・AT・柔道整復師・鍼灸師

定員/10名(最低決行人数4名)

受講料/21,600円(税込)

申し込み方法/申し込みフォーム(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=c63e7c99cc36cd2a)より申し込む

申し込み締切/4月16日(日)、午後9時まで 

問い合わせ/F-RATH(担当:中地圭太)
E-mail:seize-the-day@s8.dion.ne.jp

経営者・スポーツ指導者セミナー「井村雅代講演会」
――人を育てる ~愛があるなら叱りなさい~


日程/3月25日(土)

時間/午後2時30分~4時(受付:午後1時30分より)

会場/ANAクラウンプラザホテル新潟2階 芙蓉の間

主催/経営者・スポーツ指導者セミナー

内容/2016年リオ五輪メダル復活を果たしたトップコーチが語る「人を育てる~愛があるなら叱りなさい~」

講師/井村雅代(一般社団法人井村シンクロクラブ代表理事、シンクロナイズドスイミング日本代表ヘッドコーチ)

参加費/2,000円

申し込み・振込締切/3月10日(金)

問い合わせ/経営者・スポーツ指導者セミナー実行委員会 事務局
TEL:025-241-5620(午前9時~午後6時) 
FAX:025-241-5688
E-mail:benten@benten-niigata.co.jp

「トレーニング&リカバリー」セミナー

日程/3月18日(土)

時間/午後1時~4時15分

会場/時事通信ホール(東京都中央区銀座5-15-8)

主催/日本水産株式会社、トレーニング&リカバリーセミナー運営事務局

内容/今、もっとも注目されるトレーニング&リカバリーの最新情報を提供いただくセミナー。上級者向け、中級者向け

講師/杉田正明(三重大学、日本陸上競技連盟科学委員会委員長)
     飯島健二郎(リオ五輪トライアスロン日本代表監督)
     若井正樹(サントリーラグビーフットボールクラブ、サンゴリアス ヘッドS&Cコーチ)
     久世由美子(元オリンピック日本代表コーチ、東海スイミングクラブヘッドコーチ)
     青木佑輔(サントリーラグビーフットボールクラブ、サンゴリアス所属)
     宮嶋泰子(MC/コーディネーター、テレビ朝日 スポーツキャスター)

対象/18歳以上

受講料/3,000円、学生1,500円 (クレジットカード払い 、コンビニ払い)

申し込み締切/3月16日、午後11時59分まで

問い合わせ/日本水産株式会社トレーニング&リカバリーセミナー運営事務局
(担当:田畑博正)
TEL:03-3496-3424
E-mail:Sports-epa@jvgroup.co.jp