FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.204(2018年9・10合併号)←詳細&購入はここ!
204表紙
『特集 パフォーマンス向上と障害予防」
──コーチングと医学をつなぐもの。野球を例に
 
1.「遠くに飛ばすバッティングが障害予防にもつながる」
 宮川昭正・明治大学卒、元広島工業高校監督、BSH株式会社

2.「野球選手の腰部障害に取り組んで」
──腰椎分離症と黄色靭帯骨化症について
 加藤欽志・福島県立医科大学医学部整形外科学講座 助教
 
3.「パフォーマンス向上と障害予防の両立」
──野球の現場と医療現場に身をおいて考えること
 馬見塚尚孝・独立行政法人 国立病院機構 西別府病院 スポーツ医学センター副長、
        野球医学科


第13 回 埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会

日程/10 月 27 日(土)

時間/午後3時30分~ (予定)

会場/埼玉医科大学かわごえクリニック 6階 大会議室(埼玉県川越市脇田本町21-7、JR 埼京線「川越」駅下車 徒歩 3 分、東武東上線「川越」駅下車 徒歩 3 分、西武新宿線「本川越」駅下車 徒歩 10 分)

会長/森 芳久(埼玉医科大学かわごえクリニック リハビリテーション科)

後援/埼玉県整形外科医会、埼玉県健康スポーツ医会、埼玉県体育協会、埼玉県理学療法士会(予定)

共催/埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会、久光製薬株式会社

内 容/【一般演題】 募集中(詳細は下記「一般演題応募方法」参照)

【シンポジウム】
テーマ「みんなで考えるオーバーユース障害の予防と治療」
座長 森 芳久 先生(埼玉医科大学かわごえクリニック リハビリテーション科)

①「大学長距離選手の障害と予防」櫛部静二(城西大学男子駅伝部 監督)
②「受傷アスリートの胸の内」荒井弘和(法政大学文学部心理学科 教授)
③「障害予防と回復のためのスポーツ栄養サポート」金子香織(早稲田大学スポーツ科学学術院)
④「腱付着部障害に対する体外衝撃波治療」杉田直樹(埼玉医科大学整形外科)

【特別講演】
座長 酒井宏哉(埼玉県立大学保健医療福祉学部共通教育科 教授)

1.サッカーリオオリンピック日本代表におけるメディカルサポート
2.スポーツ障害・外傷の病態解明と予防プロジェクト
演者 武冨修治(東京大学大学院医学系研究科 整形外科学 講師、東京大学スポーツ先端科学研究拠点)

定員/200 名(会場の座席数が限られておりますのでご了承下さい)

認定単位/日本整形外科学会教育研修会1単位 分野番号[2] [13]または[S]スポーツ
医日医認定健康スポーツ医学再研修会1単位
日本リハビリテーション医学会生涯教育単位付与項目 10 単位日本整形外科学会研修単位
※日本リハビリテーション医学会生涯教育単位取得希望の先生は、受講費 1,000 円を徴収させていただきます

参加費/一般2,000 円、学生1,000 円

申し込み方法/下記の事務局宛に「埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会参加希望」として、電子メールまたは FAX にて①~③の事項を記入の上、申し込む。
①氏名(ふりがな)、②所属施設名・職種、③連絡先郵便番号・住所・電話番号・メールアドレスあるいは FAX 番号

申し込み締切/10 月 13 日(土)

【一般演題募集】
下記事務局宛に電子メールにて、①演題名②発表者名③発表者所属先④メールアドレスを記載し応募してください

一般演題申し込み締切/9 月 29 日(土)

問い合わせ/第13 回 埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会事務局
埼玉医科大学かわごえクリニックリハビリテーション科(担当:森 芳久)
TEL:049‐238-8292
FAX:049‐238-8273
E-mail:kcreha@saitama-med.ac.jp
KT TAPEセミナー:特別編(大阪)

日程/10月14日(日)

時間/午前10時30分~午後4時30分(受付:午前 10時より)

会場/酒井医療株式会社 関西営業所(大阪府吹田市春日3-20-8)

内容/スポーツ障害に対するテーピングによる制限・サポートを学ぶ。
MRI、CT、XP画像評価、肩関節、肘関節、手関節、手指への実技

講師/大隈重信

定員/30名(定員になり次第締切)

受講料/10,000円

お申し込み方法/webサイトより申し込む

問い合わせ/KT TAPE JAPAN
TEL:047-438-2424
第19回股関節市民フォーラム
地獄の沙汰も「骨」次第!~いつまでも元気で歩くために~


日程/11月18日(日)

時間/午後1時40分~4時20分

会場/コングレスクエア日本橋 2階ホールB
(東京都中央区日本橋1-3-13、東京建物日本橋ビル2階、東京メトロ銀座線・東西線・都営浅草線日本橋駅B9出口直結)

主催/公益財団法人日本股関節研究振興財団

後援/公益社団法人日本医師会

内容/挨拶 別府諸兄(公益財団法人日本股関節研究振興財団理事長) 
       
講演①「ロコモとフレイル、ご存知ですか?」
   座長:別府諸兄(公益財団法人日本股関節研究振興財団理事長)
   講師:泉田良一(江戸川病院慶友人工関節センター長)

  ②「骨トレ体操」
   講師:太藻ゆみこ(メディカルフィットネス研究所代表・健康運動指導士)

  ( ロコモ予防対策・体力測定等 ) 
  ※会場内で企業各社3分ずつ展示商品のプレゼン。その後、ブースにて参加者へ説明

  ③特別講演「骨と関節のアンチエイジング-90歳になっても痛みなく歩くための秘訣
    座長:別府諸兄(公益財団法人日本股関節研究振興財団理事長)
    講師:斎藤 充(東京慈恵会医科大学整形外科学講座 准教授)

質疑応答  座長:別府諸兄
        回答者:斎藤 充、泉田良一、太藻ゆみこ
            
対象/一般市民

定員/先着150名

参加費/無料

申し込み方法/①名前、②性別、③年齢、④住所、⑤電話番号、⑥FAX番号、⑦E-mail、⑧質問事項(任意)を明記し、下記まで電話、FAX、E-mailにて申し込む

申し込み締切/11月14日(水)必着

問い合わせ/公益財団法人日本股関節研究振興財団
TEL:03-3421-6552
FAX:03-3421-6716
E-mail:info@kokansetu.or.jp

スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会 第56回ワークショップ
――基礎から学ぶスポーツ外傷・障害「肩関節の評価に必要な知識と視点」


日程/10月6日 (土)

時間/午後1時30分~4時30分(受付:午後1時15分~)

会場/酒井医療株式会社 本社2階 セミナールーム(東京メトロ有楽町線「江戸川橋」駅徒歩3分)

内容/「肩関節の解剖学や運動学、病態の講義」
     「触診やスペシャルテストを用いた病態評価・機能評価の実技」

講師/宮田徹(相模原協同病院)

定員/最大20名

参加費/会員3,000円、一般6,000円、学生会員2,000円、一般学生5,000円
※参加費は事前振込み

申し込み方法/申し込み入力フォームより申し込む

申し込み締切/10月2日(火)まで

問い合わせ:第56回ワークショップ事務局(担当:柿山知子)
E-mail:tomoko.kakiyama@gmail.com

明日から使える上肢、下肢の整復法とコンディショニング方法、及び軟組織のアプローチ (東京)

日程/9月22日(土):上肢中心
     9月23日(日):下肢中心

時間/22日:午後6時15分~9時30分
     23日:午前9時30分~午後12時45分

会場/ 岩本町ビル74号室(7階)(千代田区神田岩本町1-1、一階がデイリーヤマザキ、マツモトキヨシの建物、エレベーターは奥の高層階向けの物を使用)

内容/明日から使える上肢、下肢の整復法とコンディショニング方法、および軟組織のアプローチを中心に解説。
メディカル・ハイドロバッグとは関節、軟部組織を水力学的に整復し、関節機能・軟部組織の正常化を図り、身体症状の改善、コンディション調節、アスリートのパフォーマンス向上、ケガの予防やリハビリなど幅広い分野で対応可能な「整復器具」。
メディカル・ハイドロバッグ研究会では安全で確実な整復方法の普及を志し活動

講師/笠井浩一(柔道整復師)

定員/20名

参加費/無料

申し込み方法/WEBサイトから申し込む

問い合わせ/㈱エイチ・サポート


明日から使える上肢、下肢の整復法とコンディショニング方法、及び軟組織のアプローチ (大阪)

日程/9月29日(土):上肢中心
     9月30日(日):下肢中心

時間/29日:午後5時~8時30分
     30日:午後3時~6時30分

会場/笠井整骨院(大阪市平野区背戸口4-6-19)

内容/大阪で毎月開催している関節、軟部組織の整復実技無料勉強会。
9月は、「明日から使える上肢、下肢の整復法とコンディショニング方法、及び軟組織のアプローチ」を中心に解説。
メディカル・ハイドロバッグとは関節、軟部組織を水力学的に整復し、関節機能・軟部組織の正常化を図り、身体症状の改善、コンディション調節、アスリートのパフォーマンス向上、ケガの予防やリハビリなど幅広い分野で対応可能な「整復器具」。
メディカル・ハイドロバッグ研究会では安全で確実な整復方法の普及を志し活動。

講師/笠井浩一(柔道整復師)

定員/15名

参加費/無料

申し込み方法/WEBサイトから申し込む

問い合わせ/㈱エイチ・サポート