FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

メディカル・ハイドロバッグ研究会
大阪無料勉強会
――歩容と下肢の障害について


日程/2月16日(土)
    2月17日(日)

時間/16日:午後5時~8時
     17日:午後3時~6時

会場/笠井整骨院(大阪市平野区背戸口4-6-19)

内容/「歩き方」は現状の体の状態を無意識の状態で表してくれています。
そのため、正しく歩容を観察することができれば、体の状態をより深く把握することができる。今回はそこから一歩進んで、歩容観察から「下肢の障害」に目を向けていく

定員/15名

参加費/無料

申し込み方法/専用申し込みページより申し込む

問い合わせ/株式会社エイチ・サポート

第12回運動器健康寿命延伸体操指導者講習会
ロコモ脱却への指導ポイント
――女性!50歳以上の骨折は命取り!


日程/3月10日(日)

時間/午後1時30分~5時30分

会場/世田谷産業プラザ 大会議室(世田谷区太子堂2-16-7)
 ※三茶しゃれなあどホールと同じビル3階

内容/運動器(骨・関節・筋肉等)に特化した、健康寿命についての整形外科医の講義と、運動器健康寿命延伸体操(愛称:ロコモン体操)の実技指導

講師/別府諸兄(聖マリアンナ医科大学名誉教授、(公財)日本股関節研究振興財団理事長)
   太藻ゆみこ(健康運動指導士・医学体操指導士)

単位/健康運動指導士・実践指導者 講義1.5単位 実技2.0単位
   JAFA/GFI 3.5単位

定員/25名 (先着順)

受講料/6,000円(希望者:DVD、CD教材費 別途1,700円)

申し込み方法/専用FAX用紙またはメールフォームにて申し込む

問い合わせ/公益財団法人日本股関節研究振興財団事務局
TEL:03-3421-6552
FAX 03-3421-6716
E-mail info@kokansetu.or.jp


平成30年度 第2回 健康づくり指導者講座
――コオーディネーショントレーニング基礎講座

H30指導者講座ポスター②
日程/2月24日(日)

時間/午前9時30分~午後12時40分(受付:午前9時)

会場/千葉県総合スポーツセンター内 スポーツ科学センター3階 第2~4研修室(千葉市稲毛区天台町323)

主催/千葉県総合スポーツセンター指定管理者 千葉県体育協会・まちづくり公社グループ

協力/編集工房ソシエタス

内容/講義「コオーディネーショントレーニング基礎講座 ――知性、感性を育む身体運動」
     実技「指導現場で活用するための実践講座――根拠に基づくスポーツ指導」

講師/荒木秀夫(国立大学法人徳島大学名誉教授、NPO法人日本コオーディネーショントレーニング協会理事長)

定員/70名(定員になり次第締切)

対象/健康・体力づくりに関わる指導者、インストラクター、トレーナー等、スポーツ指導に関わる者、内容に興味のある者
※ただし、講座の内容は指導に携わる方が主な対象になります

参加費/一般 2,000円、学生 1,000円(当日、学生証の提示が必要)

※参加費の納入は当日受付時の支払(いかなる場合においても入金後の払い戻しは致しません)
※各種資格発行団体の会員証持参(資格継続希望者のみ)

申し込み方法/
【事前申し込み(前日までの申し込み。当日消印有効)】
・申込用紙を郵送、FAX、メール、受付に提出のいずれかの方法でお申し込みください。

a.申込用紙はインターネット上から印刷するか、スポーツ科学センター2階の受付でお受け取りください。

b.申込用紙郵送先およびFAX番号
郵送先:〒263-0011 千葉県千葉市稲毛区天台町323番地
千葉県総合スポーツセンター 指導者講座係
FAX:043-207-1021

【当日申し込み(事前申し込みで定員に達しない場合のみ)】
・会場受付にて、申込用紙に必要事項を記入してください。
・事前申込多数の場合、お断りする場合があります。

各種資格継続単位認定講座/
・健康・体力づくり事業財団 「健康運動指導士・健康運動実践指導者」
・日本トレーニング指導者協会(JATI)「特別上級、上級、トレーニング指導者」
・NSCAジャパン(NSCA) 「CSCS、NSCA-CPT」

問い合わせ/千葉県総合スポーツセンター(事業運営 担当:河田)
TEL:043-290-8501
E-mail:kawata@cue-net.or.jp

スポーツ科学講座②
――女性アスリートサポート

H30科学講座②ポスター
日程/2月16日(土)

時間/午前9時30分~午後12時40分(受付:午前9時)

会場/千葉県総合スポーツセンター内 スポーツ科学センター 第1研修室(3F)

主催/千葉県競技力向上推進本部、千葉県総合スポーツセンター指定管理者 千葉県体育協会・まちづくり公社グループ

内容/理論「女性アスリートサポート―――気をつけるべき年代別の対処」「
実習「トップアスリートの事例から見る――県内でのサポート体制を実現するために」

講師/土肥美智子(国立スポーツ科学センター メディカルセンター)

対象/スポーツに関わる指導者・学生、インストラクター、トレーナー、栄養士 等、 スポーツ科学に興味のある者

定員/70名

参加費/無料
※各種資格継続単位申請希望者は1資格につき1,000円(日本スポーツ協会公認資格は無料)

各種資格継続単位認定講座(申請中)/公益財団法人日本スポーツ協会「スポーツ科学講座②」を参加された方は、公益財団法人日本スポーツ協会公認スポーツ指導者の資格更新のための義務研修となります。
ただし、「水泳、サッカー、テニス、バスケットボール、バドミントン、剣道、空手道、バウンドテニス、エアロビック(上級コーチのみ)、チアリーディング(コーチのみ)、プロゴルフ(教師・上級教師)、プロテニス、プロスキー、スクーバーダイビング、スポーツドクター、スポーツデンティスト、アスレティックトレーナー、スポーツ栄養士、クラブマネジャー」の有資格者については、別に定められた研修を受けなければ資格を更新できません。テニスの指導者は1 ポイントの実績になります。(平成30 年4 月1 日現在)

・健康・体力づくり事業財団 「健康運動指導士・健康運動実践指導者」
・日本トレーニング指導者協会(JATI)「特別上級、上級、トレーニング指導者」
・NSCAジャパン(NSCA) 「CSCS、NSCA-CPT」
※上記資格は講義3時間分となります

申し込み方法/
【事前申込(前日までの申し込み。当日消印有効)】
・申込用紙を郵送、FAX、メール、受付に提出のいずれかの方法で申し込む

a.申込用紙はインターネット上から印刷するか、スポーツ科学センター2階の受付でお受け取りください。

b.申込用紙郵送先およびFAX番号
郵送先:〒263-0011 千葉県千葉市稲毛区天台町323番地
千葉県総合スポーツセンター スポーツ科学講座係
FAX:043-207-1021

【当日申し込み】
・会場受付にて、申込用紙に必要事項を記入してください。
・事前申込多数の場合、お断りする場合があります。

問い合わせ/千葉県総合スポーツセンター (事業運営担当:河田)
TEL:043-290-8501
FAX:043-207-1021
E-mail:kawata@cue-net.or.jp

第17回東京スポーツ整形外科研究会

日程/4月13日(土)

時間/午後3時~6時30分

会場/イイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区内幸町2-1-1)

共催/東京スポーツ整形外科研究会、久光製薬株式会社

内容/プログラム1 「アスリートの半月板損傷」
座長:岡崎 賢(東京女子医科大学病院 整形外科)       
   板倉尚子(日本女子体育大学 健康管理センター)

講師:「スポーツ選手における外側半月板損傷の諸問題」
   片桐洋樹(東京医科歯科大学大学院 運動器外科学)
  「ACL損傷に合併する半月板損傷の診断と治療」
   林 陸(横浜南共済病院 スポーツ整形外科)
  「半月板手術後のリハビリテーション」
   今屋 健(関東労災病院 中央リハビリテーション部)

プログラム2 「Jones骨折の治療と予防」
座長:高尾昌人(重城病院 CARIFAS足の外科センター)
   荻内隆司(川口工業総合病院 整形外科)

講師:「Jones骨折の危険因子と発生メカニズム」
   村上憲治(帝京科学大学 医療科学部東京理学療法学科)
  「Jones骨折の発生予防と外科治療」
   齋田良知(順天堂大学整形外科・スポーツ診療科)
  「再発予防のためのリハビリテーション」
   松田匠生(横浜市スポーツ医科学センター リハビリテーション科)

プログラム3「解剖とバイオメカニクスの新知見からみた股関節機能診断・リハビリテーション」
座長:古賀英之(東京医科歯科大学大学院 運動器外科学)
講師:宇都宮啓(Steadman Philippon Research Institute)

単位/プログラム1:日整会専門医資格継続1単位 [2]外傷性疾患(スポーツ障害を含む)[12]膝・足関節・足疾患または[S]スポーツ単位
プログラム2:日整会専門医資格継続1単位 [2]外傷性疾患(スポーツ障害を含む)[12]膝・足関節・足疾患または[S]スポーツ単位
プログラム3:日整会専門医資格継続1単位 [11]骨盤・股関節疾患[13]リハビリテーション(理学療法,義肢装具を含む)または[Re]運動器リハビリテーション単位

参加費/3000円(事前申し込み不要、当日支払)
単位申請費:各1000円

問い合わせ/東京スポーツ整形外科研究会
E-mail:mail@tokyo-sports.net